フィンランド・ベイビー・ボックスができるまで

世界中の親にベイビー・ボックスを提供するというアイディアを、どうやって思いついたですか、と今まで何度も質問されました。短く回答すると、初めて親になる自分たちの経験からすべてが始まったといえます。

フィンランドでは子供を授かる全ての親に、ベイビー・ボックスが提供されます。

もうご存知かもしれませんが、私たちが暮らすフィンランドでは、赤ちゃんを授るすべての家族が、新しい生活を始めるためのベイビー・ボックスを政府から受け取ります。私の妻が第一子の子と妊娠3ヶ月にはいったときに、このベイビー・ボックスを政府から受け取りました。そのときは、曇った空が一気に晴れて希望の光がさした気持ちになりました。突然、私も妻も2人だけでこの不安に耐えなくてもよく、助けはあると感じたのでした。ベイビー・ボックスには赤ちゃん迎えるための必需品が沢山入っていたうえ、どうやって新米の親としてやっていけるかのアドバイスがありました。その後は自信も高まり、準備も整っていると感じました。

2010年10月、初めて第一子を抱いたとき

3人の父親とベイビー・ボックス

私たちは第一子を2010年10月に授かり、親としての生活が始まりました。 しばらくの間、ベイビー・ボックスのことは頭から離れ、どうやったら良い父親なれるかといったことで頭がいっぱいでした。 2013年後半のある夜、私は2人の仲の良い友人といかにベイビー・ボックスが大きな助けとなったか話し合う機会がありました。そして世界中のすべて親がこのような素晴らしい機会に恵まれていないことにも気が付きました。これがフィニッシュ・ベイビー・ボックスの始まりでした。 私たちの夢は、世界中の赤ちゃんを授かる親に同じような素晴らしい経験を提供することです。

私たち3人は自分たちの育児の経験をもとに、フィニッシュ・ベイビー・ボックスの構想を固めていきました。初めのうちは、自らデザインを選択し、家のリビングルームを倉庫として使って作業をしていました。もちろん、ベイビーー・ボックスに入れるアイテムがどれだけ実生活で役立つのか、自分たちの赤ちゃんで試してみたり試着をしてみたり試行錯誤していました。その結果、洗濯の回数がどれだけふえたことでしょう。2014年9月、ついに私たちは最初のベイビー・ボックスを世界の家族に向けて出荷しました。

3人のフィニッシュ・ベイビー・ボックス創立者(倉庫にて)

現在、世界80カ国以上に10,000を超えるフィニッシュ・ベイビー・ボックスを出荷しています

現在、私たちは3人の父として、それぞれ赤ちゃんも増え合わせて8人の子に恵まれました。子供の数が加えたほかに、フィニッシュ・ベイビー・ボックスも会社として成長しました。 今まで世界80カ国以上の家庭に1万個以上のフィニッシュ・ベイビー・ボックスを出荷しました。 そして、最も重要なことは、人生で最も幸せなひと時を過ごす初めて赤ちゃんを授かる親たちのひとつの思い出として関わることができたことです。

The dream we had in 2013 has turned into reality.

Heikki

フィニッシュ・ベイビー・ボックス創設者